Mac:デスクトップのアイコンやファイルを簡単に非表示にする方法

Mac デスクトップアイコンやファイルを非表示にする方法 簡単

Macブログを運営している人なら必須項目のデスクトップに表示されている
ファイルやアイコンの非表示

普段デスクトップ画像を晒さない人でも何でもかんでもデスクトップに保存する人なら
普段はファイルを非表示にしたいと考える人もいると思います

ちょっと友人や知人と一緒にパソコンを使う時なんて特に感じるのでは?

一言でデスクトップのファイルを非表示と言ってもターミナルにコマンドを打ち込んだり
専用のアプリがあったりとやり方は色々

僕も以前にデスクトップのファイルを非表示にしてくれるアプリ
を使って記事を書いたことがあります

デスクトップアイコンを非表示にしてくれるHiddenMe

ターミナルに普段から触れる人ならターミナルコマンドが手っ取り早いと感じるのかも知れません
が僕のような普段ターミナル操作をすることが無い人間にとってはコマンドをメモしておいたり
毎回ググったりとちょっと効率的とは思えません

と言うことはアプリを使う方が現実的だと思うのですが、そんなに頻繁に使う機能でも無いのに
HiddenMeを常駐させておくのもちょっと効率が悪いです

と言うことで僕がMacのデスクトップファイルを非表示にしている方法が
XtraFinderを使ったやり方です

XtraFinderでデスクトップのファイルを非表示に

Mac デスクトップのアイコンやファイルを非表示に 簡単
このアプリはFinderにタブ機能が使えるアプリで有名なので、最近Macを買った人なら
「OSでも使えるし」と使っていない人もいそうですが、簡単に不可視ファイルの表示、非表示が
選択できたりデスクトップのファイルも簡単に表示、非表示を切り替えできてオススメです

Mac:不可視ファイルを簡単に表示させる方法

インストールしてしまえばXtraFinderの環境設定で設定で”不可視項目を表示”や
“デスクトップを隠す”にチェックを入れておけば準備はOK
下の画像を見ての通り、一応ショートカットも自分で作成できますが
そんなに頻繁に使う機能でもないので無理にショートカットを作成する必要は無いと思いますよ

Mac デスクトップ非表示

後は必要な時にデスクトップの何もない所をクリックしてFinderをアクティブにして
メニューバーの”表示”から”不可視項目を表示”や”デスクトップを隠す”をクリックするだけです

Mac デスクトップアイコン非表示 方法 簡単 

表示、非表示の切り替えはもう一度”表示”から同じ場所をクリックするだけなので
「あ〜あのコマンドどうだったかな?」とか「あのアプリどこかな?」なんて
悩むこともまずありません

まぁ、ターミナルにしても専用アプリにしてもXtraFinderにしても
結局は普段のMacの使い方で肌に合った方法を選ぶのがベストです

XtraFinderは他にも便利な機能が沢山あり、全て普段使いに溶けこむような
アプリなので基本常駐して利用するので、「ついで」と言ってはなんですが非常に便利です

きっとXtraFinderを使ってデスクトップのファイルを非表示にするのが
楽と感じる人も多いはず!ってことで僕のおすすめはXtraFinderです

XtraFinderのダウンロードとインストール

XtraFinderの公式ダウンロードサイト

リンク先でDownloadボタンからファイルをダウンロード

XtraFinder インストール

ダウンロードした”XtraFinder.dmg”を開いて”XtraFinder.pkg”をダブルクリックで
展開して後は普段通りに進めていけばインストールは完了します

XtraFinder アンインストール

何度も言いますがホント便利なのでおすすめですよ


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ