Mac:ファイルにパスワードをかける方法

Macに見られたくないファイルがある場合、ディスクユーティリティを使って
ファイルにパスワードをかける方法です
知っておけば何かと役立つこともあるかも知れませんよ

アプリケーションフォルダやSpotlightでディスクユーティリティを起動して

Mac ファイルにパスワード

ツールバーの「新規イメージ」を選択して表示された画面で好きな名前、保存場所を選択、
他の項目もほとんど初期設定で大丈夫ですが、”暗号化”の部分は「128ビットAES暗号化」を
選択、ディスクイメージのサイズは隠したいファイルの容量にもよりますが
いくらでも作れるので最初は低めでいいと思います。後は「作成」ボタンをクリック

Mac ファイルにパスワードをかける方法2

作成するディスクイメージのパスワードを選択する画面が開くので、任意のパスワードを
ここで指定。注意書きにも書いていますがここで設定するパスワードは絶対に忘れないものを。

Macでファイルにパスワードをかけるには
僕はデスクトップに書き出しましたが、作成が完了すると「指定した名前.dmg」の
ディスクイメージが作成されます。後はこのディスクイメージの中に見られたくない
ファイルをドラッグ&ドロップで入れるだけです

Macで見られたくないファイルにパスワードを付けるには

もちろんこのディスクイメージにアクセスするには最初に設定した
パスワードを入力しなければ使えません
Mac ファイルにパスワードをかける方法

ファイル自体にパスワードを設定ってより、ディスクイメージそのものにパスワードをかけて
ディスクイメージの中に隠したいファイルを入れるって感じですが
見られたくないファイルがMacの中に沢山ある人は覚えておく方がいい機能ではと。

個人的にはMacの何処に隠したいファイルやフォルダがあっても場所はそのままで
指定したファイルの表示、非表示をアプリ内で管理できる
Hidden File Managerがおすすめです

Macアプリ:隠しファイルの作成や誤って削除したくないファイルにロックが出来るHidden File Manager


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ