Mac:不可視ファイルを簡単に表示させる方法

Macで不可視ファイル、不可視フォルダを表示させる方法で有名なのは
ターミナルコマンドですが、普段ターミナルを使わない人で
表示、非表示の度にググったりコピペするのが面倒だという人向けの簡単な方法

XtraFinderを使う

Mac 不可視ファイル表示

XtraFinderはFinderにタブ機能を付け加える事が出来るフリーアプリで
OS X Mavericksで標準でタブ機能は付く前は全てのMacユーザーが利用していたのでは?
と言うくらいの有名アプリケーションですが
利用できる他の機能を思えばまだまだMavericksよりXtraFinderに軍配が上がります

事前の準備と言えば一度だけメニューバーから環境設定を開き
“Finderメニューに項目を追加”タブで”不可視項目を表示”にチェックマークを。

XtraFinder 不可視フォルダ表示

後はメニューバーの”不可視項目を表示”をクリックで完了

Mac 不可視フォルダ表示

これで不可視フォルダや不可視ファイルが表示可能になります
表示が不要に感じればまたメニューバーの”表示”から”不可視項目の表示”をクリックするだけで
非表示に戻せます

.DS_Storeを非表示に

ターミナル操作とどちらが楽に感じるかはそれぞれですが、普段使いで不可視ファイルの表示、
非表示なんてあまり縁がない人でもOSの復旧ディスク作成時に必要かな?と思い敢えて
OSのインストールディスクからキャプチャを撮りました

XtraFinderの機能で言えば不可視項目の表示は付加価値的なもので、メインは
さっきも書きましたがタブ機能や、ファイル移動が楽になるFinderのデュアル表示等など。
Macブログを運営している人には嬉しいデスクトップに表示されている
ファイルやアイコンを非表示にする”デスクトップを隠す”なんて事も出来ます

「◯◯をする時にアプリを起動」って感じでは無くて、最初に設定さえ済ませれば
メニューバーや右クリック項目が増える、”普段使いに溶け込むアプリ”なのがかなりいい所です

「XtraFinderを使いこなす!」なんて意気込まなくてもインストールして
ちょちょいと利用する項目にチェックをいれるだけで
Macが便利になったと感じることが出来ますよ

XtraFinderのダウンロードとインストール

XtraFinderの公式ダウンロードサイト

リンク先でDownloadボタンからファイルをダウンロード

XtraFinder インストール

ダウンロードした”XtraFinder.dmg”を開いて”XtraFinder.pkg”をダブルクリックで
展開して後は普段通りに進めていけばインストールは完了します

XtraFinder アンインストール

XtraFinderはかなり多機能で紹介しているブログ記事もかなりあるので敢えてここでは
書きませんが、不可視ファイルの表示、非表示とは別で
「入れてよかった」となること間違いなしです

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ