Mac:Macユーザーなら覚えておきたい微妙に使われて無さそうな複数ファイルの情報を一気に表示するショートカット”Command+I “

Mac 覚えておきたいショートカット

Macにはあらゆるショートカットが設定されていて、使いこなすのは大変ですが
あまり使わない不必要な操作のショートカットを無理に覚えても次に使うときには
「どうだったかな?」なんて事になります

逆によく使う項目のショートカットを覚えておけば作業が捗るのは解りきったこと

頻繁に使われるショートカットと言えば思い浮かぶのはコピペのショートカット、
他にもどんなMacブロガーでも「覚えておけ」と推奨する
アプリの切り替え”Command+Tab”
そのまま選択したアプリを終了する”Q”

選択したファイルをごみ箱へ送る”Command+delete”や
ごみ箱を空にする”Command+Shift+delete”などなど

テキスト入力の機会が多い人ならカーソル移動や選択範囲指定など色々なショートカットを
使いながら身体で覚えていくと思います

ただ、今日僕の同僚が画像ファイルの情報を確認する時に1つ1つの画像を右クリックして
“情報を見る”を選択しているのを見て意外と使われていないのかな?と思ったわけですよ

ショートカットで選択したファイルの情報を一気に表示してくれる” Command+I “を。

覚えておきたいショートカット

たまたま今日は画像のExif情報の確認でしたが頻繁にパソコンを使う人なら
ちょこちょこファイルの情報を参照する場面がありますよね

音楽ファイルの情報や拡張子によって開くデフォルトアプリケーションを切り替えたり
ファイルの容量制限があるクラウドサービスを使う人ならアップするファイルのサイズを
一気に確認したり、ファイルをタグで分類したりPDFのセキュリティ確認やアクセス権など
Macをどんな使い方をする人でも何だかんだと必要な場面がありますよね

1つのファイルでも複数ファイルでも色々な拡張子のファイルでも
ファイルの情報を参照したい場面ではファイルを選んで”Command+i”を押せば
Macのデスクトップ上に選択したファイルの情報が一気に表示されます

Mac 覚えておきたいショートカット

知っている人にとっては当たり前の事ですが、たまにファイルの情報を開く場面がある人で
知らない人なら絶対に覚えておいたほうが捗ります

一つ一つ右クリックして”情報を見る”はあまりに効率が悪すぎますので・・・


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ