Mac:YosemiteでiPhoneの動画スクリーンキャプチャを撮影する方法がめちゃくちゃ使える!

Yosemite ダウンロードできない

Mac OS XをYosemiteにアップグレードすることで、以前から噂されていた
iPhoneの動画キャプチャがOSの標準機能として追加されます

今までiPhoneだけでiPhoneの動画キャプチャができるアプリは即日リジェクト。

MacやWindowsを使う場合でもReflectorやX-Mirageなどのミラーリングアプリを
使う必要があり、長時間録画するには有料で購入する必要がありました

更にそれらのミラーリングアプリはWiFi必須でしたがYosemiteでiPhoneの
動画をキャプチャするならUSB接続なので、要はMacユーザーであれば
誰でも無料でiPhoneの動画キャプチャを撮影できるようになりました

YosemiteでiPhoneの動画をキャプチャする方法

基本的にはQuickTimeでMacの動画を撮影する時と変わりません。

iPhoneをMacとUSB接続してQuickTimeを起動してメニューから
「ファイル」→「新規ムービー収録」を選択

iPhoneの動画キャプチャ

初期設定ではMacのFaceTimeカメラに設定されており、多くの人には
目を覆いたくなるようなバケモノが写る設定となっています。
中にはイケメンや美女が写る可能性もあります。そんな人は当たりですので
親に感謝するべし!

僕の場合は残念ながら目を覆いたくなるものが写ってしまったので
FaceTimeカメラをコピー用紙で覆い、録画ボタンの横にあるボタンから
USB接続したiPhoneへ切り替え。

これでiPhoneの状態がリアルタイムでMacに表示されます
ゲームの動画キャプチャなどシステム音も必要ならマイクもiPhoneへ。

iPhone 動画キャプチャ 無料

後は録画ボタンを押せば停止を押すまでキャプチャが続きます

実際にiPhoneの動画キャプチャをしてみて

実際にYosemiteでiPhoneでゲーム動画をキャプチャしてみましたが、
まず最初に感じたことが

遅延も音ズレも無い!

今まで使っていたミラーリングアプリはキャプチャ機能も付属していますが、
ミラーリングとキャプチャを行うと音ズレやコマ落ちの激しい使い物にならない
動画になってしまうため、ReflectorやMirageはミラーリングに徹し、キャプチャは
また別のキャプチャアプリを使うことで遅延の無い動画を作成していました

しかしYosemiteはWiFi不要のUSB接続。
電波などは関係ありません

まだ一度しか試していませんが全くコマ落ちや音ズレなどありませんでした

システム音と自分の音声も同時に録るには

Yosemiteにアップグレードして、QuickTimeを使った時に設定できる
音声入力は1つ

システム音必須で入力を接続したiPhoneに設定すると自分の音声が録音できません

そんな人はMacWinさんの
QuickTimeで実況動画や画面キャプチャ(音あり)を収録する方法。サウンドミキサーアプリ「LadioCast」+仮想サウンドデバイスを実現する「Soundflower」の使い方

を参考にすると良いと思います。かなり解りやすく纏められています
(Yosemiteで可能かは未検証)

僕は以前にシステム音とマイク入力を別々に録音できるSnap Proを購入しているので
気が済むまで使うつもりです

過去記事:動画キャプチャアプリ Snapz Pro X 使い方

Yosemiteにアップグレードした人や、これからMacを買う人は何の迷いもなく
実況動画を作成することができますね


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ