Mac:MissionControlの使い方

Macを買ったらすぐに覚えたい操作が間違いなくMissionControlです
MissionControlの使い方は結構ありふれた記事ではありますが
別記事からの参照として僕なりにまとめてみました

初めてMacを触る人ならDockに表示されているMissionControlアイコンを見て
ヘ(゚д゚)ノ ナニコレ?って感じですが、これに慣れるとWindowsに戻ることは出来なくなります

MissionControl使い方

DockにあるMissionControlアイコンをクリックでも作動出来ますが
Magic Mouseの場合は2本指でマウスの上をダブルタップ
Trackpadだと初期設定では3本指で下から上にスワイプで画面が切り替わります
(多分3本指だったと思いますが結構昔の事なので覚えてなかったり・・)
僕はTrackpadの3本指ドラッグを有効にしているので4本指で上にスワイプで切り替わります

MissionControlの使い方

この状態でカーソルを右上(左上の人もいるようです)にもっていくと”+”が表示されて
仮想デスクトップを追加していくことが出来ます

MissionControl 使い方 Mac

仮想デスクトップが無い状態でブラウザ、iTunes、iPhotoなどの一般的に
よく使われるアプリを起動すると画面がごった返しますが、ジェスチャーでMissionControlを
呼び出してアプリをドラッグ・アンド・ドロップで仮想デスクトップに振り分け。
画面上部に表示されている仮想デスクトップの順番もドラッグで入れ替えることが出来ます

MissionControl アプリ振り分け

MissionControl使い方

この画面上部に表示されている仮想デスクトップをクリックして画面を切り替える事も
出来ますが、普段の画面からスワイプで画面を切り替える事が出来るので
一度配置するとこの一覧画面を表示することも無いと思います
全てのアプリをフルスクリーンで使っても
瞬時に切り替えることが出来てストレスがありません

システム環境設定の”MissionControl”を開くと初期設定では
“最新の使用状況に基いて操作スペースを自動的に並べ替える”にチェックが入っています
そのままですが、これにチェックが入っていると自動で仮想デスクトップの順番が
変わってしまうのですが、これはチェックを外した方が
「自分の頭の中で何番目にあのアプリがある」とハッキリわかるので使いやすいと思います

MissionControl 画面が入れ替わらないようにする

始めから仮想デスクトップをいくつか作成しておいて、アプリを開く前にスワイプで
仮想デスクトップを切り替えてから起動すると振り分ける必要が無かったり
Dockのアイコンを右クリックして”オプション”から”このデスクトップ”を選択すると
これからそのアプリを起動すると自動で仮想デスクトップに配置されたりと、
どのやり方が合うかは人それぞれですが、慣れるとデスクトップに沢山の画面が被ったり
アプリの切り替えにショートカットを使う必要さえ無くなります

MissionControl アプリごとに振り分け

キーボードでControlを押しながら▶や◀で仮想デスクトップを移動出来ますが
プライベートがメインでパソコンを使う人って多分教科書の様な姿勢でキーボードに両手を添えて
1分1秒を惜しんでショートカットを使いこなす人よりタバコやコーヒー片手に
マウス(Macの場合はTrackpadも)操作の人が多いと思うので
(少なくとも僕が家でMacを使う時はそんな感じ)
やっぱりスワイプが直感的で( ・∀・)イイ!!って感じです

Macを買った人はまずこの機能で「Macにして良かった」と感じるはずです

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ