【危険度大?】今更ですが、MFi認証無しのiPhone充電ケーブルは買わないほうが良さそうという話

iPhone 認証無しケーブル 危険

iPhoneの純正Lightningケーブルは昔から値段が高い高いと言われています
¥2000近くしますからね。

そのうえ純正品は高い上に耐久性にも難があると僕は経験上感じています
使い方にも問題があるのかも知れませんが、柔らかすぎて根本が破れてくるんですよ。

ではiPhone購入時に付属していたLightningケーブルがダメになりそうな時や、予備として
どのLightningケーブルケーブルを購入するかという問題(問題?)

今は様々なメーカーからLightningケーブルが販売されており、値段も純正に迫る物から
缶ジュース程度の値段のものまで様々

全てのLightningケーブルに目を通したわけでもありませんが、この値段の差は
Appleお墨付きのMFi認証が付いているかどうか。
※そんな考え方をしていると高値で販売されている認証無しケーブルを手にしてしまう
可能性もありますので、やはり認証付きかどうかはMFiロゴで確認を。
参照:MFi Program – Apple Developer

まぁそんな話はiPhoneユーザーならよっぽど新規で無い限り周知の話なのでアレですが、
僕が今回たまたまこの記事を見かけた人に伝えたいこととは、

「認証無しケーブルを買う場合は絶対に商品レビューされている人の話に耳を傾けろ!」

ということです。

と言うのも、僕自身昔からiPhone一筋で過ごしてきて幾つもLightningケーブルを購入しています

昔は安物のMFi認証無しケーブルに興味を持って、購入比較してみたこともあります

過去記事:iPhone5/5s/5cのLightning充電ケーブルを比較してみた

同じ商品でも当たり外れがあり、使えるものもあれば使えないものもある的な事を書いていますが、今日はAmazonを徘徊していてビックリするレビューを発見しました

敢えて商品名などは書きませんが、iOS8にも対応していると記載のある商品で、
お金をあまり持っていない学生さんなどであれば飛びついてしまいそうな激安プライスで販売されているLightningケーブルのレビューに目をやると

「Lightning部のプラスチックが溶けた」

という発火寸前的なレビューも見られ、また同商品のレビューを更に下へ覗いていくと

「家庭用電源で充電しようと挿入した瞬間、ライトニング端子付近が破裂! 発火!!」

というレビューが破裂後のケーブルの画像付きでありました。

これ、どちらも目の前にいたから大事に至らなかったわけですけど、
充電しながら寝るような人であれば火事になりますよ

MFi認証付きのケーブルと値段を比較しても¥1000から¥1500程度。

この程度の出費を惜しんで家を焼いてしまうなんて馬鹿げているにも程がありますし
最悪命も失う可能性もある

自分自身も気を付ける必要がありますし、子供にiPhoneを持たせているならそうした
認証無しケーブルを使っていないか、また今後購入しないように注意を促してやる必要がありそう。

個人的には社外品Lightningケーブルを購入するならレビュアーの多いAmazonでの購入をお勧めします

Amazon:Lightningケーブル

過去記事:iPhone5/5s/5cのLightning充電ケーブルを比較してみた


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ