【朗報?】リベンジポルノに法的罰則法案が可決

手軽に写真や動画が撮影できる携帯電話が普及して、更にはそうしたファイルを簡単にアップロードできるインターネットも普及してから問題視されていたリベンジポルノ

こうした行為の抑止に繋がるかも知れない法案が可決したことをNHKニュースが報じています

参照 :「リベンジポルノ」に罰則 衆院で法案可決 NHKニュース

参照元のNHKニュースを見る限りでは画像の削除申請した場合、投稿者の反論猶予を7日から2日へと短縮したり、投稿者へ3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に科すとのこと。

少し微妙に感じたのが

被写体の人物を第三者が特定できる方法でインターネット上に提供するなどした場合

と言うことで、何を根拠に「特定」とみなすのか今の所僕にはよくわかりません

あと、罰則の3年以下の懲役又は30万円以下の罰金というのは個人的には軽過ぎると感じてしまいます

世間的にはどうなのですかね?

解散は影響しない模様

18日の会見で安部総理が表明した21日の衆院解散による影響ですが、参照元には「法案は、衆議院が解散される場合でも、今の国会で成立する見通しとなっています。」

と敢えて2度記載されていますのでこの辺は安心できるっぽい

後は一般への認知でしょうか。

一番の対策は「撮らせない」ことなんですけどね。


関連記事

    None Found

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ