最新iOS7.0.6にバッテリー消費に関するバグが指摘されています

iOS 7.0.6アップデート

セキュリティで重大なバグがあると言うことで3月発表と噂されるiOS7.1を待たずに
2月に7.0.6が発表され、更に最新の7.0.6でもすぐにユーザーの挙動を監視できると
OS X Dailyさんに指摘され、Apple系の大手ニュースサイトが皆報じています

参照元:OS X Dailyさん

Bad Battery Life & a Warm iPhone After iOS 7.0.6 Update? That’s Easy to Fix

英語なので苦手な人は大手ニュースサイトを見れば必ず取り上げていると思いますが
僕が見た日本語サイトの中ではRocket Newsさんを参照すると1番分かりやすいと思います

参照元:Rocket Newsさん
リリースされたばかりの「iOS7.0.6」にバッテリー消費が速くなる問題発覚 /
一部ユーザーの間で不具合発生中

話としては、iPhoneのバッテリー残量が20%になると「バッテリーは残り20%です」と
表示されますが、その直後にiPhoneのバッテリーは残り17%になったそうで
バッテリー消費が速くなったと言われています

7.0.6不具合

画像:OS X Dailyさん

対処法としてはバックグラウンで起動しているアプリを全て終了して
スリープボタンとホームボタンの同時長押しでの再起動を推奨しています

ただ、僕としては7.0.6以前からバッテリーが残っていてもいきなり電源が落ちたり
残り30%くらいから充電しようとコードを差した瞬間に50%になったりと
バッテリーに関してはよくわからない挙動をしています

多くのiPhoneユーザーが感じている様で、某2chでも話題になったりしていますよね

7.1で改善されると言われていますので今のところは50%を切らない様に充電している状態です

家はもちろん職場、車にも充電コードを常備していて移動時はモバイルバッテリーを所有していつでも充電できる環境にしていますのでなんとかやりくりしていますが、学生さんなどで充電できる場所が限られている人は結構ツラい状態だと思いますので
早く改善してほしいものですね

因みにOS X DailyさんiPhoneのスクリーンショットで何気にFlappy Birdが入っていますね
好きなのでしょうかと気になりました。
後メールの未読数が某2chなら間違いなく突っ込まれる状態な部分もかなり気になりました

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ