欧州連合(EU)がアプリ内課金についてAppleやGoogleと協議キタ――(゚∀゚)――!!

iPhone アプリ内課金 規制

やっときたか!といった感じです
と言っても今後どうなるかは未定のようですが。

子供に無料ゲームで遊ばせていたら高額な請求が来たなんて話で日本でも度々問題になっています
ゲームそのものは無料でダウンロードできても、ゲームを進めるためにアイテムなどを購入する
必要があるなんてアプリが山ほどありますね

今この場でiPhoneでStoreの無料ランキングを見てもたくさん出てきます
名前は書きませんが、誰もが知る有名なゲームアプリもそんな感じでレビューに
酷い書き方をされていたりもしますよね

時代の流れと言うか何というか、今現在そうした「ゲームデータそのものは無料でクリア
するために課金が必須」なアプリが蔓延していることが当たり前になってきています

この仕組みは課金して支払い能力のある人が納得した上でゲームをしているか、
また親が子供に無料だからとゲームをさせるかでも大きく意見は変わると思いますが
EUとしては、「ゲームは無料でダウンロードできても実質的に課金を強いるのは
無料でプレイするという考え方を裏切っている」という主張でこうしたアプリが
業界に与えている影響について様々な組織と協議すると報じられています

当然大手のAppleやGoogleも含まれています

参照元:CNET Japan
「無料」ゲームのアプリ内課金、欧州委がアップルやグーグルらと協議

参照元から一部引用

無料のゲームが「実際のコストについて消費者を惑わせてはならない」こと、
および「アイテムの購入を子どもたちに直接奨励してはならない」ことを主張する予定だ
。欧州委員会はさらに業界に対し、登録されているクレジットカードから自動で料金を
引き落とすのをやめさせるとともに、ユーザーから何らかの苦情があった場合に備えて、
開発者に連絡先の電子メールアドレスを提供させたいと考えている。

とあります
賛否両論だとも思いますが、個人的にはEUの主張に完全同意です

無料で手軽に始める事ができるのが利点だとも思いますが、僕の場合は子供がゲームに
のめり込んで課金コンテンツを欲しがるのを見越して
始めからこうしたゲームはさせていません

ゲーム内のガチャガチャとかを試した事がないので詳しくは知りませんが
インターネットでたまに話題になってますよね
いい歳した大人がガチャガチャで大金使ったけど欲しいアイテムが当たらないなんて話が

そんな話を聞くと、とても子供にそうしたゲームをさせる気にはなりませんので
3DSやwiiソフトの様な昔ながらの買い切りのゲームをさせています

しかし支払い能力のある人が納得した上で自分で課金しているなら
支払い方法が不便になるのは困るでしょうし、また課金が手間になることで
本来なら課金する予定の人が課金しなくなるといった開発者側の不利益が発生する
可能性も多いにありそうです

色々な意見があって難しい問題なのでしょうが、あまり子供向けなゲームは
ある程度の買い切りにしたほうが、販売元の起業はもちろん
業界全体のイメージも良くなるような気がします


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ