1Password Macを4.4にアップデートしたらWatchtowerをオンにすべき!!

1Password 4.4 新機能

アップデートで4.4へとバージョンアップした1Passwordですが
普段通り何気なくアップデートしただけでしたが
かなり使える新機能「Watchtower」が追加されたそうです

簡単に解釈すると利用しているパスワードに変更の必要性があるか
見てくれる機能のようで、Heartbleed対策のようですがその辺は
専門的な人が記事にしていると思います

僕はマイナビニュースさんで知りました

参照元:マイナビニュース

パスワード管理ソフト「1Password」Mac版にHeartbleed対策サービス統合

アップデート後は手動で設定をオンにする必要があるようで
1Passwordを起動して、メニューバーの「環境設定」から”Watchower”タブを選択、
Enable 1Password Watchtowerにチェックを入れて”Update Now”をクリック

1Password Watchtower機能

1Password 新機能

後はいつもの1Password画面を開いて登録しているログイン項目を選択。
変更すべきログインの場合は

“Vulnerability Alert – Change Password”と表示されます

1Password 新機能 使い方

1Passwordには100件以上のログイン項目を登録しているのですが、結構な数の
脆弱性を指摘されて驚きました

アカウントを作成しただけで個人情報などを入力していないサービスならともかく
大事な情報を入力しているサービス、頻繁に利用していて乗っ取りなどがあると困る
サービスでがあればすぐに変更することをオススメします

まぁ、流石1Passwordと言いますか、他のパスワード管理アプリより
先を進んでいますね

と言うことで、1Password for Mac使いの人は急いでアップデートして
Watchtowerをオンにして調べてみてください

参照元の記事によると、時期はまだ不明のようですがwindows版もいつかは
Watchtower機能が付くようです。

1Password App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥5,000


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ