iPhoneの充電ケーブルで安物は買うな!iPhoneが壊れる原因になるかも

iPhone 充電ケーブル おすすめ

MFI認証の無い充電ケーブルはAppleにお布施を払う必要がない分
安く販売することができます

Amazonでも楽天でもiPhoneの充電ケーブルを探すとどう考えても
相場(Apple純正)から大きく値段の低い充電ケーブルが売られていますが
どれもがMFI認証の無い(Apple非公認)のケーブル

しかしそうした安物のケーブルを使った結果、iPhoneが壊れる原因になった!

かみあぷ速報さんでそのような記事が書かれていました

激安ケーブル使用者注意!Apple非公式品でiPhoneが充電不可になる恐れ

僕も以前、有名どころのiPhone充電ケーブルを買って色々試したことがあります

iPhone5/5s/5cのLightning充電ケーブルを比較してみた

確かに1本¥200程で買った認証無しケーブルでも充電することは可能でしたが、
当時は外国で認証無しケーブルが原因で感電死した女性がニュースになっていたこともあり
敢えて使う気にもならずに緊急用のモバイルバッテリーで使うことにして、
家ではAmazonベーシックケーブル、会社ではコンビニなどで売っている
多摩電子工業の充電ケーブルを使っています

僕にとってモバイルバッテリーが必要な時は家や会社、車から丸一日離れるような
子供の運動会や自転車のログを取りながらロングポタリングの時だけ

しかしこれだけ非認証のケーブルで事故や故障の話をされると
流石にもう非認証ケーブルを使うのはやめた方が身のためですね

Apple純正ケーブルは確かに高いと感じます

たかが充電ケーブルに¥1900と殿様商売

いや、実際は「充電ケーブルに¥1900も取るのか」と言う思いより、値段の割りに
断線しやす過ぎる(耐久性が無さ過ぎる)事にたいして値段が高いと感じます

これはどんなApple信者でもそう思うのではないでしょうか?

しかし安物(認証なし)コードで事故や故障はもっと困ります

個人的には先程も書きましたが僕も愛用しているAmazonベーシックケーブルか
コンビニなどで売っている多摩電子工業のケーブルがおすすめ

理由は以前の比較記事にも書いていますがコードが硬く、断線し難い仕様

以前書いた記事は1月19日なので、それよりも以前にケーブルは購入しており
毎日酷使していますが全く断線する気配はありません

値段もAppleより多少は安いですしね

安物のケーブルはAmazonで送料無料で手軽に買えますが、壊れたiPhoneは
手軽に治せません

「安物だけど使えるのでお勧め!」なんて言葉には流されないように
した方が良いですよ

iPhone5/5s/5cのLightning充電ケーブルを比較してみた


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ