iPhoneの動画を撮影、配信したいMacユーザーに朗報。もうすぐ無料でできるようになりそう?

ゲーム配信やアプリの説明動画など、iPhoneの画面を動画でキャプチャして
YouTubeなどの動画共有サイトにアップしたいと考える人ってかなり多いと思います

僕も最近しょっちゅうゲームの実況動画を上げてます(ゴミ動画ですが)

iPhoneの画面を動画でキャプチャしようと思えば現状ではMacやwindowsに

Reflector、又はX-Mirageなどのミラーリングアプリをインストールして
パソコンの画面にiPhoneの状態を写して撮影するしか方法がありません

正確には今までiPhone単体で動画キャプチャできるアプリも幾つか販売されましたが
即日Storeから削除。一度入れてしまえば使えることは使えますが
OSのアップデートなどで使用不可能になります

そんな不安定ないつ使えなくなるかも知れないアプリを使うくらいなら
おとなしくReflectorかX-Mirageを購入、又は制限付きの試用版を利用して
キャプチャする方が無難です

経済的な事情やサイト経由からの購入なので控えていたMacユーザーには
超が付くほど朗報

Macユーザーであればこれからは無料で、と言うよりQuickTimeの新機能として
MacにiPhoneの画面をミラーリングすることができるようになるようです

GIZMODEさんで報じられていましたが、ソース元はあの 9to5Mac とのこと。

参照元:GIZMODEさん
OS X YosemiteではiOS 8の画面録画ができる

ReflectorやX-Mirageはどちらもミラーリングだけでなく、アプリそのものに録画機能も
ありますが、ミラーリングと録画を1つのアプリで同時に行うのは無理があるのか
どれだけ頑張っても長時間キャプチャ撮影していると音ズレやコマ落ちが目立ちます

ReflectorもX-Mirageも、ミラーリングだけを行いキャプチャは別の
キャプチャアプリを使って録画することで音ズレやコマ落ちを最大限軽減できますが、
QuickTimeでのキャプチャはいったいどれくらい使い物になるのか楽しみです

USB接続が必須との事ですが、家が有線環境の人にとっては今までのキャプチャアプリより
敷居が低いですし電波が無関係であればWiFiで電波の悪い場所(仮に自分の部屋でキャプチャ
する人でWiFiルータから離れている人など)でキャプチャを撮るより
よっぽど使い物になるかも知れません(将来的には)

9to5Macを覗いてみましたが記事には今の段階ではまだ「非常にラグが多い」と
言うことでまだまだ実用段階ではないようですが
iPhone(iOS8)の画面がMacにミラーリングされていていることを確認できます

iPhone 動画キャプチャ
画像9to5Mac

他にもiOS8でiPhoneの動画キャプチャができると言う情報について触れているサイトを
色々調べて覗いてみましたが、中にはこの機能はアプリ開発者向けの機能という話も
あるので現段階では全てのユーザーが使えるかは分からないなんて話もあります

せめてQuickTime Proの機能にでもしてくれるとプレイ動画配信などを
検討している人には嬉しいですね

安易な考えですがiPhoneの動画キャプチャがWindowsだと色んなソフトを
購入、追加する必要があるけどMacなら標準でできるなんて話が広がれば
パソコンの買い換えを検討している人がMacにする理由の1つにもなるかも知れません

もしQuickTimeでもミラーリングと動画撮影の同時進行がキツくても
別の動画キャプチャアプリさえあればきっと使い物になるでしょうし
キャプチャアプリならMac App Storeにも溢れているので購入する際も抵抗が少ないでしょう

MacユーザーでiPhoneの動画キャプチャを配信したいと考えている人、
ReflectorやX-Mirageの購入を検討している人は少し待ったほうが良いかも知れません

参照:9to5Mac

Apple makes it easy for devs (and others) to screencast iOS apps with OS X Yosemite


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ