iPhone:最新OSのiOS7.0.6でも危険性が指摘されています。不要なアプリはバックグラウンドから削除を

iOS 7.0.6アップデート

マルウェア対策のFireEye社が最新のiOS 7.0.6でもユーザーの挙動を監視できることを
実証したことでiPhoneやAppleの事を扱う大手サイト全てで取り上げられています

参照:FireEye Blog

Background Monitoring on Non-Jailbroken iOS 7 Devices — and a Mitigation

この事から脱獄していない普通のiPhoneユーザーでも
安心しきることはできないと言われています

個人的には全く気にしていませんが。

バックグラウンで動くアプリを止める事らで対策できるそうなのでホ-ムボタンを
ダブルタップして使っていないアプリは全部止めておけばOK

7.1が発表される時には修正されるのでしょうかね

気になる人は「 iOS7.0.6 脆弱性 脆弱性」とでもググれば大量に記事が出ると思いますよ

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ