iPhone5ユーザーは確認を!Appleがスリープボタン交換プログラムを開始しますよ

iPhone5 スリープボタン交換プログラム

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム

僕は今の所スリープボタンが効かなくなる不具合なんてありませんが、生産スロットによっては
スリープボタンが効かなくなる不具合が発見されたようで
Appleが無償で交換してくれるようです

交換の開始は5月2日からとのこと。

サポートページによると、交換対象は2013年 3月以前に製造されたiPhone5らしいですが
リンク先のAppleサポートページにiPhoneのシリアルナンバーを入力すれば
無償交換の対象であるかすぐにわかりますので手っ取り早いです

iPhone5 スリープボタン交換プログラムを開始

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム

iPhoneのシリアルナンバーの確認方法は、設定から一般

iPhone シリアルナンバー確認方法

情報へと進んで下の方にスライドすると確認できます

iPhone シリアルナンバーを調べる方法

僕も使用しているのはiPhone5ですので早速シリアルナンバーを入力しましたが
見事に交換対象でした。交換対象の場合は画面に
“入力されたiPhone5のシリアル番号は本プログラムの対象となります。
下記の要領でスリープ/スリープ解除ボタンの交換手続きをして下さい”と表示されます

iPhone5 スリープボタン交換手続き

DropShadow ~ スクリーンショット 2014-04-26 17.50.53

ただ、現状僕のiPhone5のスリープボタンは凄く快調なので、サポートページに記載される

注:お使いの iPhone 5 のスリープ/スリープ解除ボタンの機能に問題がない場合や、
シリアル番号がこのプログラムの対象にならない場合は、交換手続きをしていただく必要はありません。

を見る限りでは手続きの必要は無さそうです

もしお使いのiPhone5が交換対象で、スリープボタンに不具合を感じる人であれば
交換手続きをする必要があります。かなり面倒くさそうですが・・

サポートページによると

交換プロセス

交換プロセスは 2014 年 5 月 2 日から始まります。

スリープ/スリープ解除ボタンの交換は Apple リペアセンターで行われます。お使いの iPhone をリペアセンターへお送りいただくには、「持ち込み修理」と「ピックアップ&デリバリー修理」の 2 通りの方法があります (詳しくは下記をご覧ください)。交換にかかる時間ですが、iPhone がリペアセンターに届いてからお客様のお手元に戻るまでに 4 〜 6 日ほどかかります。リペアセンターでは交換作業を実施する前に検査を行い、お客様の iPhone がこのプログラムの対象になるか、スリープ/スリープ解除ボタン以外には問題がないかどうかを確認いたします。iPhone を Apple にお送りいただく前に、お客様の方ですべてのデータをバックアップし、その上でコンテンツと設定をすべて消去していただく必要があります。

注:画面のひび割れなど、スリープ/スリープ解除ボタンの交換に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります (場合によっては修理料金が発生することがあります)。

となっており、スクリーンがひび割れなどをしている人なら先に修理する必要があるってことで
もうすぐ2年縛りが終わるからそのままって人なら結構な出費になるかも知れませんし
バックアップを取ってすべてのデータを削除、帰ってきたiPhoneで復元など
容量を多く使っている人なら時間もかかりそうです

持ち込み修理やピックアップ&デリバリー修理の詳細はAppleのサポートページを
よく見て確認して下さい

iPhone 5 スリープ/スリープ解除ボタン交換プログラム

ぶっちゃけスリープボタンが快調で良かったと思ってます。
不具合が出る前に2年縛りが終わって欲しい

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ