Mac:AirMacを2台使ってWiFi拡張。家中高速な無線環境を作る

先日MacのWiFi速度が急に遅くなり、あらゆる手段を尽くしても速度が
改善しなかったので、最後の手段にAirMac Expressを購入しました

結果的に数年使っていた初代AirMac Expressの経年劣化が原因だったらしく
買い替えたことで以前の快適な高速WiFi環境が戻りました

過去記事
突然WiFi速度が極端に遅くなった時に僕がとった行動

そしてAirMac Expressを購入して間もないのですが、Macのバックアップをワイヤレスで
できるようにと結局Time Capsuleも購入してきました

Time Machine 購入

前回はTime Capsuleの開封の儀と初期設定を済ませる所までを書きました

AirMac Time Capsule 開封の儀と接続、初期設定

僕のMacBook Proはac規格に対応していないのでWiFiアダプタでも使わないと
速度的には恩恵を受けることがありませんが、結果的には
Time MachineでワイヤレスにMacをバックアップできて満足

購入したばかりのAirMac Expressは色々と活用法があるので問題ありません

AirMac Expressの特徴と言えばAUXコードを接続することでWiFi未対応の
ステレオオーディオなどでもAirPlayで音楽を聞けること。
オーディオマニアとまではいかなくても、ある程度”音”にうるさい人で、
スピーカーやアンプなどを昔から買い揃えているならかなり使い道があります

しかし僕は元々”音”にたいしてそんなに敏感ではありませんし、ステレオコンポと
Apple TVの位置が近いため、Apple TVから光ケーブルとコンポを繋げば
AirMac Expressが無くてもワイヤレス操作でステレオコンポで音楽を聞けます

そんなわけで僕の環境でAirMac Expressの活用法と言えばWiFi拡張

リビングに置いてあるモデムと繋いだTime Capsuleの場所と寝室が
家のちょうど対角線上にあり、微妙にWiFiが弱かったんですが、
二階にAirMac Expressを置き、WiFi拡張後は当然家中で快適な環境です

AirMac 拡張方法

流石Appleとでも言いましょうか、設定接続もAirMacユーティリティを使えば
簡単に、あっという間にWiFi拡張が完了しますよ

AirMacを2台使ってWiFiを拡張する設定方法

AirMacのリセット(初期化)

初めから拡張目的で購入してきたAirMacだとそのままでも問題無いと思いますが、
僕は最初にAirMac Expressを購入してモデムと繋ぎ、ルータとして使用していたので
初期化する必要がありました
(ひょっとすると、Time Capsuleに設定移行時にリセットされているかも知れません)

Appleサポートにはリセットする方法やリセットボタンの位置など全てが
事細かに記載されているので迷うことは何も無いです

出荷時のデフォルトリセットの方法

重要:このリセットを実行すると、すべての設定と保存したプロファイルが消去されます。アクセス制御や RADIUS 設定も消去されます。

以下の手順を実行します。

AirMac Express から電源コンセントを取り外します。
リセットボタンを押したままにします。
ボタンを押したまま、AirMac Express を AC コンセントに再び接続します。
数秒後に LED が高速で点滅するまで、ボタンを押し続けます。
ボタンを放します。

はい。簡単ですね
サポートに書かれている通り、AirMacの初期化は電源を切り、リセットボタンを
押したままコンセントを繋いで電源を入れ、LEDが高速で点灯するまでボタンを押しておけば
OK。その後ボタンを離せばリセット完了です

因みにAirMac Expressのリセットボタンはここ

AirMac リセットボタン

(Appleサポートを覗けば旧型のAirMac ExpressやAirMac Extremeのリセットボタンの
場所も図で見れます)

初期化が終わればWiFi拡張は半分終わったようなもの

Time Capsuleの電波が届く場所でAirMac Expressの電源を入れて
AirMacユーティリティを起動。
自動でTime Capsuleの拡張として利用するかを聞いていくるので当然
次へ、次へと進めていくと数分もあればAirMac Expressをモデムと繋いだ
ルータの拡張として使えるようになります

AirMac 拡張

AirMac 無線範囲 拡張

AirMacユーティリティでモデムに繋いでいるメインのAirMacから拡張に使っている
AirMacが伸びていることを確認できればOKです

AirMac 拡張 無線 範囲 WiFi

無線の強さは障害物や2.4GHz、5GHzなど周波数でも変わってきますが、もし
自分の部屋のWiFiがルータと離れているため弱い人はやる価値オオアリです!

ただ、あまり家中快適なWiFiが使える様になると、子供がスマホを持って
部屋に籠ってしまわないか心配になります


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ