【レビュー】Kalita 銅メジャーカップ  心変われば味も変わる!?

Kalita 銅メジャーカップ

Kalita 銅メジャーカップを購入しました
コーヒー豆をミルに入れる時などに使うスプーンです
樹脂製であれば50円か100円程度で帰る代物

極端な話、家にある普通のスプーンでもなんとか代用できる物です
スプーンですからね。

しかし僕はKalita 銅メジャーカップを購入しました
(と言っても数百円ですが・・・)

Kalita 銅メジャーカップ

メーカーさんの商品紹介文では「静電気でコーヒー粉がカップに付く心配がありません」
と表記されています

僕は豆から挽いて、ミルから粉をドリッパーに移すので、計量スプーンで
粉を掬う場面がありませんが、一度試してみたところ銅のメジャーカップに
粉は付きませんでした
(まだ使用回数が少ないので参考度は低いですが)

コーヒー 計量スプーン

その辺はこれから使い込んでいって「やっぱり付くよ」なんて時は追記でも
しようかと思いますが、銅製スプーンを使うことでそうした利点もあるようです

しかし僕は元々そんなに神経質ではありません
逆にどうでもいいと思うタイプ
樹脂製スプーンが汚れていても全く気になった事などありません

僕がKalita 銅メジャーカップを購入した理由は樹脂製よりも見た目が良いから

言い換えれば 「欲しくなったから」

物を買う時にそれ以上に必要な要素なんて無いでしょ?

「同じことができる安い物がある」で済むなら世の中ユニクロだけで済みますし
財布や鞄など一流ブランドは全て消えますよ

Kalita 銅メジャーカップを検討する人は概ね同じ感覚なのではないでしょうか?

樹脂製とは質感が全く違い(質が違うので当然ですが)、
全て銅なので少し手に重みも感じます

Kalita 銅メジャーカップ おすすめ

スプーンの柄の先には穴が開いているので普段の収納も色んな場面に対応できます

計量スプーン おすすめ

セラーメイトの密封びんであれば蓋の金具に収納する事も可能。

密封ビン

僕は普段コーヒーミル、豆を保存している密封ビン、コーヒーサーバ、ケトルなど一式を
キッチンカウンターに置いています
飲みたくなったらすぐに豆を惹きだすことができて実用的ですし、置いているだけで
インテリアの一部にもなります
(キッチンを晒せないので画像はありません)

たまたま僕が使っているコーヒーミルが銅製だったので一体感が増しました。

コーヒーミル

まぁホントに自己満の世界ではありますが、コーヒーを淹れようとスプーンを手にした時の
この重みや気分は樹脂製では味わえません

気分が変われば味もまた美味しく感じます

数百円で満足感が味わえるちょっと素敵な商品

部屋中にコーヒーの香りをさせて、美味しい挽きたてのコーヒーを飲みながら食べる朝食、
美味しい挽きたてのコーヒーを飲み、良い音で音楽を聞きながらMacをイジるのは
僕にとって正に至高の時間

缶コーヒーを飲んで「美味い」なんて言っている人は騙されたと思って豆から
自分で珈琲を淹れて欲しい

缶コーヒーなんて買わなくなるのは当然、カフェなどで飲むよりよっぽど
自分好みの美味しいコーヒーを安値で飲むことができますよ


Kalita 銅メジャーカップ

Kalita 銅メジャーカップ


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ