カフェテリア コーヒードリッパーを購入して珈琲を淹れてみた! 安値でいつもと違う珈琲を!

カフェテリア コーヒードリッパー おすすめ

一度飲んだら辞められない自宅で豆から作る珈琲

缶コーヒーやコンビニの挽きたて珈琲を飲み比べている人全員に伝えたい

自分で淹れる珈琲の方がよっぽど美味しく作れますよ

 

さて、毎日毎日ペーパードリップをしていると「違う抽出方法で作るコーヒーは
どんな味なのだろう?」といった探究心が出てきます

一言でコーヒーを淹れると言っても水出しやフラスコなど抽出方法は様々

Amazonでそれぞれの道具のレビューを眺めていて「ペーパードリップより美味しい」
なんてレビューを見かけると試してみたくなります

そんな訳で手軽にペーパードリップ以外の抽出方法を楽しむために
カフェテリア コーヒードリッパーを購入。

レビューには「紙の雑味が無い」とかプロの方が「カフェテリア コーヒードリッパー
淹れる方が美味しい」なんて話が見られます

他にもペーパードリップでは困難な1杯分のコーヒーを淹れることができるのも魅力ですね。

値段も手頃でプロも認め、スターバックスもこれを採用したということで実績もあります

それが¥3000程度で試せるなら試さない手は無いでしょう!!

カフェテリア コーヒードリッパー Amazon

カフェテリア コーヒードリッパーの使い方

カフェテリア コーヒードリッパーの使い方はググれば出てきますが
購入した箱にも入ってます。抽出方法自体はペーパーとあまり変わりません
強いて言うならペーパードリップの紙が要らないバージョン
ドリッパー自体にフィルターが付いています
(使用しているドリッパーなので汚くて申し訳ありません。金色の方がフィルターです)
美味しい珈琲の淹れ方

豆を挽いて、フィルターの上に平らに広げれば準備はOK
後は蒸らしと抽出です

カフェテリア コーヒードリッパー 使い方

ペーパードリップは数杯分のコーヒーをコーヒーサーバに抽出しますが
カフェテリア コーヒードリッパーは直接マグカップへ。
1杯分が作れる所は本当に魅力です

カフェテリア コーヒードリッパーの使い方

美味しいコーヒーを作るには抽出の際コーヒーが冷めない様に
予めドリッパーを温めておくことがコツのようです
その辺はペーパードリップのコーヒーサーバでも同じですね

そんなこんなで蒸らし。この時の匂いがもう堪りません
本当は湯気がたってとてもいい雰囲気と香りなのですが、美味しそうに見えないのは
全て僕の写真のせいです

コーヒー 蒸らし

抽出。抽出方法はペーパーと同じで円を書く様にゆっくり落とすとのこと。
蒸らしも抽出も画像に変化があまり見られないのも僕のせいです

コーヒー淹れ方

コーヒーサーバと違ってマグカップは中が見えないわけですが
コーヒードリッパーには取手が付いているのでチョイと持ち上げて抽出量を確認できます。
計量カップを使って予め普段からお使いのマグカップの一杯分の量を調べておくほうが良いですよ

僕の使っているスタバマグカップはかなり大きめなので半分程度

       カフェテリア コーヒードリッパー レビュー

カフェテリア コーヒードリッパーで淹れたコーヒーの感想!

抽出が完了すればお楽しみのコーヒータイム
肝心のお味の方ですが、確かに美味しい気がします

これが紙の雑味なのか、プロの方の意見による思い込みなのか僕にはわかりません

確かな舌を持った人、表現力のある人ならマトモなコトを言えるのでしょうが
僕には美味しいとしか言えません

しかし美味しいのは事実!

ペーパードリップ以外で手軽に美味しいコーヒーを求める方にはコレはお勧めです

カフェテリア コーヒードリッパー Amazon

デメリットもある

少ない出費で確かに美味しく、1杯分でも手軽に作れると長所の多い
カフェテリア コーヒードリッパーですが、即座に感じるデメリットもあります

それはペーパーと比べて一度に大量の珈琲を作れないことや後片付けが面倒

一度に作れない部分は予め豆を必要な杯数分挽いておけば一杯一杯作ることも
できますが、ペーパードリップで一気に数杯分作るよりかは手間に感じますし、後片付けも
ペーパーの場合はペーパーごとゴミ箱へポイでしたがこのドリッパーは毎回洗う必要があります

流し台にコーヒー粕をそのまま捨てるのも何か嫌ですし、水分を含んだままごみ箱に
淹れるのもちょっと嫌です

僕は家に大量のペーパーが余っているのでペーパードリップ用のドリッパーにペーパーを敷いて
カフェテリア コーヒードリッパーのコーヒー粕をペーパーに捨てた後に洗い、
乾燥した珈琲粕をごみ箱へ捨てております

ペーパーやコーヒーサーバが不要、しかも1杯分から作れると手軽。そして
後片付けを考えると手間

手軽なのか手間なのかよくわかりませんが¥3000程度で美味しいと感じる
珈琲を淹れることができるのであればコーヒー好きなら問題ないでしょう
是非試して欲しい抽出方法の一つですね


カフェテリア コーヒードリッパー 012778 3876as
カフェテリア コーヒードリッパー Amazon


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ