セラーメイト 密封びん2本目を購入。入れるものによってはインテリアとしても使えそう

自宅でコーヒー豆を保存するために以前購入したセラーメイト 密封びん

初めて購入した時は嫁さんに「もっと安い物が雑貨屋にある」と言われました

僕は普段料理もしませんし、密封ビンの相場なんて全く知りませんが、確かに
食品などを保存するためのビンで1000円以上するってのは高めだと
何となく感じます

しかしAmazonのレビューでは「安物はパッキンが薄い」とか「ちゃんと密封できない」
とか色々な意見が見られ、いちいち雑貨屋に足を運ぶのも面倒なので
取り敢えずAmazonで購入してコーヒー豆の保存に使っていました

過去記事
コーヒー豆の自宅保存に最適 おすすめ密封ビン

そして最近「どうせなら複数の豆を種類別で保存して適当にブレンドしてみよう」と
もう一つコーヒー豆を保存するための密封ビンを買うことに。

もし以前購入したセラーメイト 密封びんに満足いかないようであれば
Amazonで他の密封ビンを見たり、雑貨屋に安い密封ビンを探しに行ったでしょうが、
2本目は何の迷いもなくまたセラーメイト 密封びんをポチリました

届いた時は嫁さんに「またその高いの買ったの」と何を無駄使いしているんだ的な
言い方で言われましたが、嫁さんは使っていないからセラーメイト 密封びんの
魅力が分かっていないのです

どんな商品にも”ピンキリ”があって安いものは安いものなりでしかない!

僕がセラーメイトの密封ビンを迷いもなく選ぶにはちゃんと理由があるのです

密封ビンとしての機能は完璧

では何故僕が2本目の密封ビン選びに迷わず高めのセラーメイト 密封びんを選んだか
と言う部分ですが、まず初めて購入したセラーメイト 密封びんを使っていて
この商品はホントにちゃんと密封できるビンだと実感したから。

このビンに入れてしまえば中に入れた物の匂いが全く漏れません
パッキンが分厚いことや、バネがしっかりしています

密封ビン おすすめ

“密封ビン”ですから何らかの食品などを酸化させないようにシッカリ密封することが
全てなわけで、ちゃんと密封できないビンなら「密封ビン」とは呼べないですよね

おかげで自宅で豆を挽いてコーヒーをドリップする時は挽いた豆が”プクー”と膨らんで
新鮮さを感じることができています

金属は錆びにくいステンレス製ということで、裏を返せば錆びることもあると
言うことですが錆びにくいようです
水ッけのある物を保存する人には良いのではないでしょうか

密封ビン 錆びない

日本製であることの安心感

このセラーメイト 密封びんって日本製なんですよね
「日本製だから安心」とか「◯国製はちょっと・・」ってのは僕の思い過ごし、偏見かも
知れませんが、やはり食品などを保存するために使うことが多いでしょうから
購入者本人が少しでもそれで安心できるのなら選ぶ理由の1つではないかと思います

密封ビン 日本製

何処かの国では直に口にする野菜を洗剤で洗うのが普通だとか騒ぎになりましたよね

国が違えば文化も違います

僕達が「常識」と考えているものは海外に行くと全く通用しないことが沢山あります

密封ビンに使われている”ガラス”、”蓋を閉じる金属”、”ゴムパッキン”

これらは直接口にするわけではありませんが、直接口にするものを保存するものですから
個人的には何となく”日本製”に惹かれてしまうわけですよ

ぶっちゃけこの密封びんがどれだけ安心できる素材かなんて調べてませんし、
ただ”日本製”という言葉に安心しているだけの安易な考えですが
僕がセラーメイトの密封びんを選ぶ1番の理由はこれなんです

揃えていくとインテイリアにもなりそう

僕は密封びんに色(種類)の違うコーヒー豆を保存して、普段はキッチンカウンターに
置いています
部屋晒しが恥ずかしいので一部しか写していませんが、コーヒーミルなども並べて
結構良い感じなんですよ

インテリア コーヒー豆

これがインテリアとしても良い感じなので部屋を飾るものをお探しの人には
是非おすすめしたいです
上手なコメントなんてできませんがなんか良い感じなんですよマジで

まぁ、”密封ビン”ですので、蓋を開けて何かを入れて保存できればそれでOKな
わけですが、ちゃんと密封できること、安心できる日本製であること

この2点だけでも僕はセラーメイト 密封びんを選ぶ価値があると感じています


セラーメイト 取手付密封びん2L 220308

セラーメイト 密封びん


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ