自宅でカフェ、喫茶店のコーヒーを味わうためのセットを購入

元々そこまでコーヒーにこだわるタイプでは無かったのですが、
ここ最近コンビニエンスストアがコーヒー販売に乗り出してからというもの
缶コーヒーが耐えられないくらい不味く感じるようになってしまいました

消費税増税で缶コーヒー値上がりしたのも1つの原因ですが、
コンビニなら¥100で挽きたての香り高いコーヒーが買えるのに
缶コーヒーに¥130もとても出せません

そしてとうとう家でもインスタントコーヒーでは物足らなくなり、
Macを触っている時でもコーヒー欲しさにコンビニまで行こうか考えるようになり
家でも喫茶店のような、濃いのに透明?(言ってることがわからない)香り高い
コーヒーを飲もうと決意しました

安値のコーヒーサーバーの購入して挽いた状態のスーパーなどで売っている
コーヒーも検討しましたが、自宅でコーヒーを作ろうと考えた切っ掛けが

「挽きたてのコーヒーがおいしから」

なのでどうせなら豆から作って家に喫茶店の様な匂いを充満させてやろうと
自宅で手軽にペーパードリップできるセットを購入

自宅で喫茶店のコーヒーを作る

基本的に必要な物はコーヒー豆を挽くためのコーヒーミルと
ドリッパー、ケトルの3点。
思い立ったら即行動するタイプなのでAmazonでの配送を待つことができず
全てニトリで揃えましたが、当然Amazonで買うほうが安く済むでしょうね。
値段はピンキリなので安いものを選んでの話ですが、コーヒーミルは手動、電動
大きさなどでかなり値段に幅があります

僕の購入したコーヒーミルは2杯分作ると下の引き出しが満タンになるくらいの
大きさなので、友達を沢山呼ぶ人や一気に大量に作る人はもっと大きいのを
購入したほうが良いのかも知れません

コーヒーミル ブロンズ仕上げ

コーヒーミル ブロンズ仕上げ

ドリッパーはコーヒーを濾すための上の部分だけだったり、下の部分とセットだったり
色々ですが、ドリッパーの穴の数でも味が変わるような記事を見ました
よくわかりませんがその辺はお好みですね

各種ドリッパー

ケトルは美味しいコーヒーを作るためには淹れやすい先の長いものが良いらしいです
知識の無い僕は言われるままにコーヒーを淹れるのに適しているという商品を購入

フィーノ コーヒードリップポット 1.2L

フィーノ コーヒードリップポット 1.2L

後はコンビニなどで売っているペーパーと、コーヒーショップでコーヒー豆を購入
豆の種類は忘れてしまいましたがその店で使っている豆と言うことで
それなりの値段がしました

コーヒー豆 通販

始めて自宅での豆から作成するコーヒーと言うことで
中々使い切る事ができない量の豆を購入してしまい、
自宅でコーヒー豆を保存する密封ビンをAmazonで注文しましたが
現在届くのを待っている状態

セラーメイト 密封びん1L 220018

セラーメイト 密封びん1L 220018

コーヒーの淹れ方はググれば幾らでも出てきますが、元々大雑把な性格で
こだわり過ぎて手間が掛かりだすと作る気力を失うタイプなので
基本的に目分量

基本的には粉にしたコーヒー豆10グラム程度で一杯分が目安のようで、
好みの濃さでもう少し増やしたり減らしたりするそうですが、
コーヒーショップに行けば一杯10グラム程度になるスプーンが¥50程度で
売っていると思います(僕の近くのコーヒーショップは売っていました)
まぁ、この辺は近くの100均などでも幾らでもありますね

コーヒー豆 スプーン

このスプーン満タンにコーヒー豆を入れてミルで挽き、粉になったコーヒー豆を
スプーンに戻すとだいたい同じくらいなので(当然)
スプーン一杯に付きコーヒー一杯と自分の中で決めることに。
(本当はちゃんと測ったほうがいいはずですけどね)

自宅で豆からコーヒーを作る

ガリゴリガリゴリとコーヒーミルを回して粉にしていきます
僕のミルは一度に大量に作るタイプではないので時間は掛かりませんが、
ぶっちゃけ次第に電動が欲しくなる予感・・・

豆からコーヒーを作る

粉になりました

自宅で豆からコーヒー作成

ドリッパーにペーパーをしいて、粉になったコーヒーを入れ、後はアッツアツのお湯で
コーヒーを作るのですが、適正温度は適当にググると出てくると思いますが
性格上僕には毎回お湯の温度までこだわっていられません

YouTube動画で「沸騰したお湯をケトルに移して少し経てば良い感じ」とあったので
その方法を採用することにしました

最初は軽く湿らせて30秒程蒸らすと良いらしいです
この蒸らしたり、蒸らした後にコーヒーを淹れる時に、中心から”の”の字を書くように
お湯を掛けるのですが、先の長いケトルでないとやりにくいみたいです。
確かにかなり傾けないとお湯が出ないケトルや、先の大きいケトルだと
かなりやり難いのではと感じますね。購入したケトルは使いやすいです
(この時点で香りがヤバい!!)

コーヒー作り方

正確には測っていませんがだいたい30秒たったら次はのの字を描くようにドリップ。
拘る人は蒸らした時に落ちたコーヒーは省くのかな?
僕は適当な性格なのでそのまま淹れますが、もうコーヒーの良い香りがたまりません
匂いを届けることができないのが残念です

自宅で豆からコーヒー

拘っている人には遠く及びませんが、インスタントと味や香りが別物なのは
僕でも十分理解できます。ハッキリ言って自宅でこのコーヒーが飲めれば満足です

自宅で喫茶店のコーヒー

きっと、毎朝の様にコンビニで淹れたてのコーヒーを飲んでいる人って同じように
缶コーヒーが耐えれなくなったり、自宅でも豆から作るコーヒーを飲みたいなんて
考える人がいるのではないでしょうか?

即行動派の人ならホームセンターへGO!です
節約家の人ならAmazonでどうぞ
手間も掛かり、豆もそれなりの値段はしますが本当に全くの別物です
自宅で豆から作るコーヒーはかなりおすすめですよ!

道具は僕も始めてで他と比べてはいませんが、コーヒーミルとケトルは
使いやすくてかなりおすすめします

コーヒーミル ブロンズ仕上げ

フィーノ コーヒードリップポット 1.2L


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ