【レビュー】ナカバヤシ 防湿庫 一眼レフ駆け出しには値段も質も良しです

一眼レフカメラやレンズを保存するための防湿庫

一眼レフと同時に購入して数年経過していますが今でも現役でこの防湿庫を使っております

欲を言えば電気で湿度を制御する見た目もカッコいい防湿庫欲しいですよ

湿度管理も楽そうですし、何本もレンズを入れてインテリアとしても良さそうですが
値段がちと高く感じます

レンズ一本に数十万円出す様な人からすれば些細な出費なのでしょうが、
少ない小遣いをやり繰りしているサラリーマンにとってはかなり勇気のいる値段


東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 118L ブラック ED-120CDB

東洋リビング オートクリーンドライ 防湿庫 118L ブラック ED-120CDB

比べてナカバヤシの防湿庫は湿度を電子制御なんてことはできませんが
大容量で価格も超お手頃です


キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N

ナカバヤシ 湿気シャットアウト キャパティ ドライボックス27L グレー DB-27L-N

ナカバヤシの防湿庫が気に入っている点は大容量の他に湿度計が付いている所
この湿度計のおかげで除湿剤の寿命に気が付く事ができます

防湿庫 安い

ナカバヤシ防湿庫の購入時は小さい袋入りの除湿剤が同梱されていました
今はもう無くなりましたが、除湿剤なんてホームセンターへ行けば幾らでも安く買えるのも良い所ですね

おすすめ 防湿庫

Amazonの販売ページにな27リッターと記載されています
27リッターと聞いてもピンとこない人でも大丈夫。大容量です

強いて言えば間仕切りがありません。自作するか、または上に物を積んでいく必要があります

僕はカメラ本体、交換レンズ、ビデオカメラ、写真用紙など片っ端からナカバヤシ防湿庫で
保管しています。(あまりに汚いので画像は載せませんが)


Amazonのレビューを覗いていくと、「隙間があって除湿できない」なんてレビューも
ありますので、ひょっとすると個々で当たり外れがあるのかも知れません

僕が購入したナカバヤシ防湿庫はちゃんと密封可能でしっかり防湿庫内の湿気が取れます

防湿剤を取り除いて部屋で蓋を開けておくと湿度計は当然上がりますが
防湿剤を入れて蓋を閉めるとまたドンドン下がっていきます

先ほど防湿庫の中の写真を撮ろうと蓋を開けていたので湿度が上がり気味ですが
普段は乾き過ぎなほど乾いています
(気が向けば画像を追加する予定)

ナカバヤシ防湿庫

このお値段で交換レンズを保存する防湿庫としての機能は満たしてくれるわけですし
外から確認できる湿度計で防湿剤の交換時期も一目でわかります

ハッキリ言って十分ですよ

僕はこのナカバヤシ防湿庫で不憫に思ったことは一度もありません

数万円する防湿庫でないと納得しないか、ナカバヤシ防湿庫で十分と納得するかは利用者次第

ただ、高価なカメラやレンズの保管にこの防湿庫で大丈夫なのかな?
なんて考えてる人がいれば、防湿庫の機能としては十分だと経験上言っておきます


キャパティ ドライボックス 8L グレー DB-8L-N

ナカバヤシ 湿気シャットアウト キャパティ ドライボックス27L グレー DB-27L-N


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ