桜の撮り方(初心者の私的まとめ)

え〜っと最初に断っておきますが、僕は一眼レフを使って数年経ちますがカメラや写真に関しての
知識は一眼レフを触ったことが無い人と同じレベルです

基本的にオートで撮るか絞り値を弄って撮るかだけです

桜も毎年オートで撮影して「白っぽいな」とは思いながら「まぁこんなものでしょ」と
流していましたが、子供が中学に入学するので少しでも良い写真を残せたらと思い
桜の撮り方について勉強してみました

完全に個人の思い込みと備忘録なので他の人のお役にたつことはありません

ちゃんとした桜の撮り方を学びたい人は絶対詳しそうな人のWebサイトを参照して下さい

参照:はてなブックマークニュース

春到来!夜桜や雨の日の撮り方まで、「桜」をキレイに撮影する方法

を始め、検索結果に表示されたかなりの方のサイトを参照

桜はオートで撮ると白くなる

桜を綺麗に撮りたいと思う人って普段カメラ任せに撮影して、桜が白っぽくなるからって人が多いと思います(僕がそうだから)

これについては「桜の撮り方」なんかで検索すると詳しく解説してくれている
サイトがたくさん見つかります

僕も複数サイトを横断して色々見させてもらいましたが、個人的まとめが

  • カメラの構造上仕方の無いこと
  • 桜を綺麗に撮りたいならカメラの設定を変える必要がある

という結果に。
(100%間違った覚え方なのでちゃんと詳しく書かれているサイトで理屈を覚えた方が良いですよ)

弄る設定はホワイトバランスと露出補正

桜の撮り方なんて検索でたくさんのサイトを参照すると、皆さん自分の言葉で色々書かれいて
サイトによっては構図や桜の撮影に適した時間帯まで書かれていたりと勉強になったのですが、
全ての参照元で言っていることがホワイトバランスと露出補正の調整でした

写真に本気の人は構図などについてもしっかり目を通して覚えておいた方が良いでしょうね

僕はまだそんなレベルではなく、取り敢えず桜を淡いピンクで撮影する為に全力を注ぐことに。

ってなワケでホワイトバランスの設定方法と露出補正の設定方法を確認して早速撮影に行きました

あいにく雨上がりの超曇り空だったのですがサクラの撮り方だけに焦点を当てたので問題なし

まずは普段通りオートで撮影した写真。
当然ですが桜が白いです

サクラを綺麗に撮る方法

次にホワイトバランスを変更して撮影した写真。曇り空だったので馬鹿正直に
ホワイトバランスを「曇天」にして撮影。うっすらとオートより桜がピンクになりました
(iPhotoで見ると結構分かるのですがこの写真だとかなり分からないですね)

桜の撮影設定

次にホワイトバランスを「晴天日陰」というモードにすると本物に近いピンクになりました
(空はこんなに赤っぽくなかったですけどね)

桜の撮影方法

露出補正も使ってみる

ホワイトバランスを変えただけでもオート撮影に比べて桜がピンクにはなりましたが、
画像全体が暗くてとても綺麗には見えません。曇りってのもあるんでしょうけど
晴れた日でも桜の様な明るい物にピントを合わせて撮影すると
白飛びしないようにカメラが勝手に全体を暗くしてしまうらしいです

カメラの仕組みとかは知識が無いので知りませんが、
これも個人的まとめで「カメラはそんな物」という結果に。
(ちゃんと詳しい方の説明で覚えましょうね)

それを防ぐ為の機能が露出補正

僕はHDR画像の作成がちょっと趣味なので露出補正機能は結構使っていたのですが、
本当はそんな使い方なのですね

てなワケでホワイトバランスを「晴天日陰」に、露出補正をプラス2EVにして撮影

ホワイトバランスしか弄っていない時と比べて空は完全に白飛びしてますが
桜は明るくて少しコマシになりました
(構図とか写真の具合は無視で)

桜の撮影 設定

最初のオート撮影と並べると全然違います(左はオート機能撮影)

桜の撮影方法 コツ

ホワイトバランスのみと露出補正付きを並べても違いが出ます
左がホワイトバランスのみ、右が露出補正で+補正

4

晴れた日に青空で撮れなかったのが残念でしたが
個人的には桜が白色からピンクに撮れるようになったのでちょっと進歩した気分

こうして色々な知識を付けて、撮りたい時に撮りたい絵が撮れるようになると
どんどん写真って楽しくなっていくのでしょうかね

いつもオート撮影だけど桜を綺麗に撮りたいなんて人なら「ホワイトバランスと露出補正」と
覚えておけばいつもと違う写真が撮れそうですよ


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ