iPhoneの着うたをWindowsパソコンで作成するならiRinger:使い方

iPhoneの着うたをWindowsパソコンで作成するなら間違いなくiRingerがオススメです
Windows時代はiRingerでiPhoneの着うたを作成していましたがホントに楽です
曲を読み込めば後はドラッグで使用する範囲を決めて、そのままワンクリックで
フェードイン、フェードアウトの設定も出来て、そのままiTunesに送信と着うた作成に
必要な機能、便利な機能は全て含まれていて更に無料と言うこと無しです

iRingerのダウンロードサイトはこちら
http://www.iringer.net/
ぶっちゃけ重い感じなので気長に繋げてください

リンク先の最下部の方にあるDownload iRingerから
iRinger.exeを選択してファイルを保存

iPhoneの着うた作成

後は保存したファイルを展開して「実行」をクリックすればiRingerが起動します

iRinger:使い方

iRinger使い方

まずは着うたに使用するファイルをiRingerに読み込ませるために
IMPORTボタンをクリック

iPhoneの着うた作成ソフトフリー

パソコン内のファイル、またはYouTubeから読み込み、iPhoneから、CDからを
選択する画面が表示されます。
パソコンを選択した場合は新しく画面が表示されるのでちゃく歌に使用する
ファイルの場所を選択するだけです
ここではパソコン内のファイルから音源を選択して進めます
パソコン内にある音源ファイルを指定すると読み込みが始まり波形が表示されます

iPhoneの着うた作成フリーソフト

表示されている部分が着うたになるのでサビの部分にドラッグで移動
再生、ドラッグを繰り返してちゃく歌の頭出しにしたい部分をあわせればOK

着うた作成フリーソフト おすすめ

徐々に音を大きくするフェードインや徐々に音が小さくなるフェードアウトの機能を
使うには右にあるのFadeのバーをドラッグして調整

iPhoneの着うたを簡単に作成出来るソフト

フェードインのみ、フェードアウトのみの選択はFadeのバーの右側のボタンの
オンオフで切り替え

おすすめフリーソフト

後はEXPORTで保存しますが、Export Tone iTunesにチェックを入れると自動でアイチューンすの
着信音に登録してくれます

iRinger:使い方2

iRingerは僕がWindows時代に使っていたかなりお勧めなあいフォンちゃく歌作成フリーソフトですが
かなり使いやすいのでぜひ試してみてください

関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ