Windowsでもヒラギノフォントを?MacフォントをWindowsに変換?

Windowsにヒラギノフォントを
Windowsネタですが、Windowsを使っている人でもMacよりWindowsが好きって人も
いれば、本当はMac使ってみたいけど値段や業務などの関係で仕方なくWindowsを
使っている人もいると思います

そんな人なら一度は考えるWindowsでヒラギノフォント。綺麗ですもんね〜。

でも高いですもんね〜。

できれば無料で使いたいなんて無茶な事を考える人もいるでしょうね。

でもライセンス違反なので、Macにインストールされているヒラギノフォントを
Windowsで使える様に変換しようなんてダメですよ

さてここからは独りなので当然詳しく言いません。独り言です

Macならデフォルトで美しいヒラギノフォントがインストールされています
SpotlightでFontsで調べると「Fonts-システム」ってフォルダがあります

中には当然憧れのヒラギノフォントがあるわけですが、他にも沢山魅力的な
フォントが並んでいます。

フォルダごと選択してCommand+Cでコピー。デスクトップにでもCommand+Vで
簡単にコピー出来てしまう。

したらダメですよ

そのデータをUSBなりDropboxなりでWindowsに持って行っても使えません

当然といえば当然なんですが。でも説明はしません

ではどうすれば?

もし使える様になんて考えてる人はここでストップ。

そこはやっぱりWindows。探せばなんでもあるものですね

MacのType1フォントをOpenTypeフォントに変換出来る

cross fontなんてソフトがあります

一応$45の有料ソフトですが、15日なら試用期間がある。一度変換してしまえば
用無しで、すぐに終わることが予想されるので1日、いや数時間でも十分

サイトからお試し版落としてMacからコピー、移動したフォントを
変換すると当たり前だがWindowsはフォントを認識してインストール出来る

ライセンス違反なのでしたらダメですよ


関連記事

Pocketに保存 はてなブックマーク Google+でシェア Follow on Feedly
サブコンテンツ

このページの先頭へ