僕がMacに初めて触ったのは結構昔の話になりますが、Windowsからの乗り換えで、
最初はWindowsとの違いに戸惑った記憶があります
これから初めてMacを触る人も、WindowsからMacに乗り換える人は特に今までとの違いに
「これでアプリをインストール出来てるの?」となると思います
インターネット上にありふれた話ですがここでも一応Macでの
アプリのインストールとアンインストールについて

Mac app Store以外のアプリをインストール出来るようにする設定

現行のMacで初期設定のままではMac app Storeからでないとアプリをインストール
出来ないように設定されていますので、Dockにある”システム環境設定”から
“セキュリティとプライバシー”を選択
Macアプリのインストールとアンインストール方法_1

表示された画面の左下の鍵のアイコンをクリックしてMacのパスワードを入力、
“すべてのアプリケーションを許可”にチェックを入れて、必要があれば
また鍵をかけます

Mac ダウンロードしたアプリをインストールする

そのままですが、これでMac app Store以外からダウンロードしたアプリもインストール
出来る様になります

Macでアプリをインストールする方法

Macでアプリをインストールする方法は、テキストで書いてしまうと
“.appファイルをアプリケーションフォルダにドラッグ・アンド・ドロップするだけ”です
簡単すぎてWindowsから乗り換えた人は「本当にこれでいいの?」となると思います
試しにAppCleanerと言うアプリをインターネット上からダウンロード。
多くのアプリはZIP形式で配布されているので解凍して中の.appファイルを
アプリケーションフォルダにドラッグ・アンド・ドロップでインストール完了。

Mac アプリのインストール方法

Lunchpadをクリックするとアプリがインストールされている事が確認出来ます

Macアプリインストールする方法

Macでアプリのアンインストールする方法

Macでアプリをアンインストールするには基本的にはアプリケーションフォルダから
アンインストールするアプリをゴミ箱にドラッグ・アンド・ドロップするだけですが
この方法ではアプリはアンインストールされますが、アンインストールによって不要になる
ログファイルなどが残ったままになります
先ほどの”AppCleaner”でアプリを削除すればそうした不要なファイルも全て削除しれくれるので
Macでアプリをアンインストールする場合はAppCleanerを使うのがお勧めです

AppCleaner使い方

関連記事